チラージン 飲み忘れ

チラージンを飲み忘れた!どんな症状がでてくる?

橋本病や甲状腺機能低下が起こる真実と治し方を知りたくないですか?

もう一度健康な体を取り戻したい人は、こちらをご覧下さい!

チラージンを飲み忘れた!どんな症状がでてくる?

橋本病などの甲状腺機能低下症の治療に使われるチラージン。
病気を治すものではなく、不足した甲状腺ホルモンの、T4と同じもので、
これを飲むことで、甲状腺ホルモンの値が健康な人に近づいていきます。

 

 

 

中には一生飲み続けなくてはいけないものです、と医師から告げられている人も
多いと思います。特に低下症から来る症状が辛かった人は、チラージンで
コントロールできるようになると、大切な薬だなと改めて思いますよね。

 

 

でも・・・私た ちは人間ですから、長年チラージンを飲んでいると、
うっかり飲み忘れたり、チラージンがなくなるのでそろそろ病院に行こう
と思っていたら、連休で行けなかったり・・・そんなこともありますね。

 

 

手元にあるチラージンを処方どおりに飲んでいくと、病院へ行く日までに
なくなってしまう、飲み忘れはどんな症状がでてきてしまうのか、
とても気になります。

 

 

ですが、数日なら問題ないと思います。甲状腺ホルモンのT4は、体の中で
半分の量になるまでに大体7日間かかります。飲み忘れが3日とかなら、
体の中のT4が無くなる前に、補えることになります。

 

 

この程度なら、気になる症状がでてくることはほとんどないと思いますが、
どうしても不安なら、かかりつけの病院では なく、救急病院で飲み忘れたことや
何日くらいチラージンを切らしてしまうかを話して、もらえるかもしれません。

 

 

ただ、低下症の治療を始めたばかりで、自分の適量のチラージンがわからない
人はちょっと難しいかなと思います。また、何年も飲んでいて症状が落ち着いて
いる人は、数日なら体の変化は逆に無いかもしれません。

 

 

飲み忘れないことが一番大切ですが、万が一飲み忘れたらこのように
対処するのがベストです。次回かかりつけの医師の診察を受けるときは、
何日間飲み忘れがあったか、ちゃんと申告することをお忘れなく。

 

 

特に血液検査の予定がある人は、飲み忘れた日があると、甲状腺ホルモンの
数値に影響があるかもしれません。甲状腺ホルモンは、一生でスプー ン一杯しか
出ないので、微量のデリケートなコントロールが必須です。

 

 

血液検査では、正確なホルモン数値を出さなくてはいけないので、場合によっては
別の日に変えることも必要です。薬の飲み忘れって、とても言いづらいですけど
しっかり申告してくださいね。


橋本病や甲状腺機能低下が起こる真実と治し方を知りたくないですか?

もう一度健康な体を取り戻したい人は、こちらをご覧下さい!


Sponsored Links

ホーム RSS購読 サイトマップ