橋本病 仕事

橋本病は仕事はしてもいいの?何か制限はあるの?

橋本病や甲状腺機能低下が起こる真実と治し方を知りたくないですか?

もう一度健康な体を取り戻したい人は、こちらをご覧下さい!

橋本病は仕事はしてもいいの?何か制限はあるの?

 

橋本病と診断された社会人の方は、「病気になってしまって、
仕事を続けられるのだろうか?」と心配になる人も少なくないようです。

 

結論から言うと、仕事はもちろんしても大丈夫ですし、制限もないです。

 

 

 

ただ、橋本病は集中力が低下したり、驚くほど眠かったり、疲れやすかったりと
仕事によっては支障をきたす症状もあります。ですから、仕事を続けるのか、
変えるのか、休むのかなどは、抱えている症状の度合いによって個人差が出ます。

 

 

あまりに肉体的にハードなものや、精神的にきついものなら、主治医の先生が
仕事は休んだほうがいいですよ、と言うかもしれませんが、多くの場合
自分自身の体に聞いてみて、決めることになります。

 

 

でも、実はこれが一番難しいのです。橋本病は日によっても体調が違いますし、
どこを基準に決めたらいいのか、ボーダーはありません。治療を始めてから
どれくらいで症状が治まるのかも、わかりません。

 

 

人によっては、すでに仕事に何らかの影響が出てしまって、辞めるのか休むのか
悩んでいる方もおられるでしょう。自分一人ではでなかなか決められないときは、
もし可能なら、病気の報告と共に、上司に相談してみてはいかがでしょうか。

 

 

だた一つ言えることは、今の生活パターンが橋本病を発症させたと言う事で、
あなたの仕事も、病気の発症には少なからず関係していると言う事です。
もしかすると誘因そのものかもしれません。

 

 

特に日本人は勤勉で責任感が強く、コツコツまじめに、時には無理をしてでも
きちんと仕事をこなす人が多いです。「何を当たり前なことを」と思うかも
しれませんが、体を壊してしまったら、元も子もありません。

 

 

ですから、橋本病になって、あるいは何らかの支障が出て仕事をどうしようと
思ったら、今までの自分の生活を、今一度振り返ってみましょう。
自分の許容範囲を超えるような毎日ではなかったかと。

 

 

そして、仕事が少なからず橋本病に関係していると思ったら、体を休むことも
考えましょう。それが難しいときは、体を休める時間を十分に取るとか、
薬が効いてくるまで休むとか、何らかの対策は必要です。

 

 

見た目は変わらないので、周りの人に理解されにくいか もしれませんが、
症状が治まり甲状腺の状態が安定してくれば、仕事も普通にこなせるように
またなってきますよ。


スポンサードリンク



橋本病や甲状腺機能低下が起こる真実と治し方を知りたくないですか?

もう一度健康な体を取り戻したい人は、こちらをご覧下さい!

ホーム RSS購読 サイトマップ