橋本病 手術

橋本病も手術することがあるのか?

橋本病や甲状腺機能低下が起こる真実と治し方を知りたくないですか?

もう一度健康な体を取り戻したい人は、こちらをご覧下さい!

橋本病も手術することがあるのか?

 

橋本病で甲状腺摘出の手術を受ける・・・あまり多くはありませんが、
手術が行われることがあるのは事実です。ですが、バセドウ病のように
治療目的で行われるのとは、ちょっと違います。

 

 

 

 

バセドウ病は、橋本病と同じ自己免疫疾患で、甲状腺の機能に異常がでてくる
病気です。甲状腺ホルモンが出すぎてしまうことから、心臓に負担がかかったり
体に様々な影響を及ぼすものです。

 

 

バセドウ病も治療の第一選択は、抗甲状腺薬の服用ですが、上手くコントロールが
出来ないときは、甲状腺の一部、または全摘出手術が行われることがあります。
目的はただ一つ、出すぎる甲状腺ホルモンを少なくするためです。

 

 

それに対して橋本病は、甲状腺ホルモンに異常が診られないこともありますし、
甲状腺機能低下症になっても、過剰ではなく不足している 状態なので
なぜ手術で取ってしまうことがあるのが不思議ですよね。

 

 

橋本病での甲状腺の手術は、ホルモンをコントロールするために行われるのでは
なく、腫れが酷く周りの臓器に影響を及ぼしているときに、行われます。
甲状腺の隣にある気管を圧迫しているときなどです。

 

 

橋本病で甲状腺の機能低下があると、舌が腫れてきて、それだけでも気道を
塞ぎいびきがひどくなったりします。それに加えて、慢性的な甲状腺の腫れが
あまりに大きいと、呼吸が苦しかったり食べ物を飲み込むのが大変になります。

 

 

甲状腺を取り除くことで、息苦しさや飲み込みにくさを解消するんですね。
甲状腺の摘出手術は傷が残りますが、ネックレスをすると隠れてしまったり、
徐々に傷跡が目 立たなくなります(加齢によるしわなども手伝って)

 

 

そこまで行くのは本当に稀ですが、それでも可能性は0%ではありません。
甲状腺を手術で取り除くと、ホルモン剤をずっと服用することになりますが、
ホルモン数値をコントロールできれば、健康な人と同じ生活が送れます。


スポンサードリンク



橋本病や甲状腺機能低下が起こる真実と治し方を知りたくないですか?

もう一度健康な体を取り戻したい人は、こちらをご覧下さい!

ホーム RSS購読 サイトマップ