甲状腺機能低下症 不妊

甲状腺機能低下症は不妊の原因になるのか?

橋本病や甲状腺機能低下が起こる真実と治し方を知りたくないですか?

もう一度健康な体を取り戻したい人は、こちらをご覧下さい!

甲状腺機能低下症は不妊の原因になるのか?

 

甲状腺機能低下症を代表する病気に橋本病がありますが、女性の患者さんが多く、
その中にはこれから妊娠を希望する人もたくさんいます。甲状腺機能低下や
橋本病があると、不妊の原因になるのか、書いていきたいと思います。

 

 

 

 

まず、橋本病の女性でも、甲状腺機能低下が無い人は、妊娠に関して病気が
影響することはほとんどありません。チラージンを飲んでいなくても、
定期的に経過観察をして、血液検査の数値が安定しているならば大丈夫です。

 

 

ただ、橋 本病と診断され、経過観察中だけれども万が一何らかの症状が
現れていたり、かなり長い間血液検査を受けておらず、放置していた場合は、
一度甲状腺 ホルモンの値を調べることをオススメします。

 

 

その結果、甲状腺機能低下が認められれば、不妊症の原因になることも
考えられます。

 

 

これは、甲状腺ホルモンが女性の妊娠に深く関わるホルモンだからです。
機能低下がある人は、甲状腺ホルモンの分泌が少なくなりますが、
すると卵胞の成長に影響し、排卵が起こりづらくなります。

 

 

また排卵が起きても、甲状腺ホルモンが少ない状態で出来た卵胞のため、
十分に成長しておらず、妊娠の継続が難しくなることがあります。そして私達の体は、
甲状腺ホルモンが減ると、分泌を促す指令が脳から出るようになっていますます。

 

 

この指令が出ると、TRHと言うホルモン数値が上がり、卵胞の成長を妨げたり
黄体の働きを下げるプ ロラクチンと言うホルモンも増えてしまいます。
これらのことが、甲状腺機能低下症による不妊につながるのです。

 

 

ただ、チラージンによる治療を開始し、甲状腺ホルモンの数値が安定すれば、
橋本病や甲状腺が原因で不妊が起きることはありません。妊娠を望む女性は
まず、甲状腺ホルモンの数値を安定させることに専念しましょう。

 

 

無事に妊娠した後も、ホルモンの数値は医師と共に注意深く診ていくことが
大切です。数値のコントロールが上手く言っていれば、甲状腺の疾患のない
健康な女性と、全く変わらない妊娠・出産ができます。


スポンサードリンク



橋本病や甲状腺機能低下が起こる真実と治し方を知りたくないですか?

もう一度健康な体を取り戻したい人は、こちらをご覧下さい!

ホーム RSS購読 サイトマップ