橋本病 風邪薬

甲状腺の病気があると風邪薬は飲んではいけないの?

橋本病や甲状腺機能低下が起こる真実と治し方を知りたくないですか?

もう一度健康な体を取り戻したい人は、こちらをご覧下さい!

甲状腺の病気があると風邪薬は飲んではいけないの?

甲状腺の疾患をお持ちの方が風邪をひき、薬局で風邪薬を買って、
いざ飲もうと思ったら、「甲状腺機能障害をお持ちの方は、服用前に
医師・薬剤師にご相談下さい」と書いてあって・・・

 

 

結局風邪もひいていて、病院へ行くのも面倒で、風邪薬を飲まずに寝てしまった、
あなたもこんな経験はありませんか?

 

 

甲状腺の病気は、多くは甲状腺ホルモンの異常から起こることが多い ですが、
風邪薬が特に関係してくるのは、バセドウ病などの甲状腺機能亢進症の人です。

 

 

風邪薬には、血圧が上がる成分が含まれているものがあり、これはバセドウ病の
人によく起こる頻脈によくない影響を及ぼします。頻脈があるとそれだけで
心臓に負担がかかりますが、血圧が上がることで更にその負担が増すのです。

 

 

また、私たちの体は副交感神経が優位になることで、リラックスしたり心身の
休養が出来るようになっています。この働きを邪魔してしまう成分が、
風邪薬に入っていることがありますが、素人ではなかなかわかりません。

 

 

亢進症の人がこの成分を摂ると、しっかり休めなくてはいけない心臓が
十分に休むことが出来ず、やはり負担がかかってしまうのです。

 

 

また抗甲状腺薬のメルカゾールには、一見風邪のような喉の痛みや発熱を伴う
副作用が起こることがあります。これは無顆粒球症といい、白血球の数が減る
とても危険な副作用です。

 

 

白血球が著しく減ると、体を守る機能が低下し、肺炎や敗血症などの重い感染症に
一気にかかってしまうこともあります。特にメルカゾールを飲み始めたばかりの
時はリスクが高いようなので、風邪のような症状には注意が必要です。

 

 

風邪薬を飲んだから大丈夫、と思って放置していたら、実は無顆粒球症に
なっていた・・・なんてことがないように、甲状腺機能障害のある人が、
安易に風邪薬を飲まないようにするために、注意書きが書かれているのでしょう。

 

 

甲状腺の機能は、風邪をきっか けに変化することがありますので、何らかの
甲状腺の疾患を持っている人は、風邪でも市販の風邪薬は使わず、主治医や
内科医に相談したほうがいいと思います。

 


橋本病や甲状腺機能低下が起こる真実と治し方を知りたくないですか?

もう一度健康な体を取り戻したい人は、こちらをご覧下さい!


Sponsored Links

ホーム RSS購読 サイトマップ