甲状腺 大きい 症状

甲状腺が大きいのは問題あり?どんな症状が出てくるの?

橋本病や甲状腺機能低下が起こる真実と治し方を知りたくないですか?

もう一度健康な体を取り戻したい人は、こちらをご覧下さい!

甲状腺が大きいのは問題あり?どんな症状が出てくるの?

 

 甲状腺は、自分で「大きいかも?」と気づくことはあまりありません。

 

 多くの人は、甲状腺の場所を意識して暮らしていないからだと思います。
 鏡を見るときは、たいてい顔を見ていますしね。

 

 

ですから、甲状腺が大きいと指摘される人の多くは、病院で医師に言われることが
多いようです。何の自覚症状もないのに、甲状腺が大きいってどういうこと?
これから何か症状が出てくるの?と不安になる人もいます。

 

 

でも、甲状腺が大きいと医師や健康診断で指摘され、血液検査を受ける人は
実はとても多いんです。そして、結果が白でもこれからも一年に1回くらい
血液検査をしてください、と言われた人がほとんどでしょう。

 

 

なぜなら、甲状腺が大きいとやはり病気のリスクは高くなるからです。
必ずなるわけじゃないけど、リスクは高いので、定期的に血液検査をして
おきましょう、と言うことです。

 

 

症状もないのに必要なの?と思うかも知れませんが、甲状腺の病気は
初めから自覚症状が出るわけではないので、きちんと判断するには、
やはり血液検査が必要になります。

 

 

そして最も厄介なのが、少しずつ症状が進むので「なんかおかしい」と
感じる頃には、結構重くなっていたりするんです。そうなると、いざ治療を
開始しても、薬が効いてくるまでかなりしんどい思いをします。

 

 

そういう自分も実はこのパターンでした。指摘され検査では白、それから
血液検査も受けず放置、出産を期に甲状腺の病気を発病、症状が強くなり
あれ?と思う頃には、1日の半分は横にならないといけない倦怠感でした。

 

 

まだ症状がないうちに治療を開始すれば、かなり楽に過ごせます。
でも重くなってからでは、落ち着くまでには時間がかかります。
ですから症状がなくても、甲状腺が大きい人は検査を受けたほうがいいです。

 

 

また、万が一放置してこのような症状が気になったり、いつもと明らかに
違うと思ったら、なるべく早く医師の診察・検査を受けてください。
そのとき、過去に甲状腺が大きいと指摘された経緯を話すといいですよ。

 

 

できれば甲状腺の専門医に診てもらうのがいいですが、内科でも検査は
できます。甲状腺専門の病院が近くにない時は、ひとまず自分の状態を
知るために、最寄の内科で血液検査を受けてください。


スポンサードリンク



橋本病や甲状腺機能低下が起こる真実と治し方を知りたくないですか?

もう一度健康な体を取り戻したい人は、こちらをご覧下さい!

ホーム RSS購読 サイトマップ