橋本病 いびき

橋本病になるといびきをかくようになるのか?

橋本病や甲状腺機能低下が起こる真実と治し方を知りたくないですか?

もう一度健康な体を取り戻したい人は、こちらをご覧下さい!

橋本病になるといびきをかくようになるのか?

 

橋本病の患者さんで、ご家族や周りの人からいびきを指摘された・・・
こんな経験はありませんか?確かに喉は腫れているけど・・・それが
いびきと関係しているのかな?ととても気になりますよね。

 

 

特に、橋本病は女性のとても多いので、いびきを気にする人も、
少なくありません。なんとか改善する方法を見つけたいものですね。

 

 

橋本病がある人は、甲状腺が腫れている人が多く、気道が圧迫されて
狭くなることがあります。特に甲状腺の機能低下がある人は、甲状腺ホルモンの
分泌が低下しています。

 

 

そのため、気道の筋肉が緩み、寝ている間に喉の気道が狭くなることがあります。
また舌も肥大してくるため、 更にいびきが出てくる可能性が高くなります。
肥満の人に人に多い、睡眠時無呼吸症候群が起こることもあります。

 

 

橋本病は、機能低下を伴っていると、体重増加や高コレステロール血症などが
起こるため、いびきや睡眠時無呼吸症候群のリスクが高くなるのです。

 

 

橋本病と知らずに、これらの症状で受診して、逆に甲状腺の病気を指摘され
気づくこともあります。ただ、これらの症状は機能低下の治療を受けると
軽くなることが多いです。

 

 

機能低下の治療は、甲状腺ホルモンの服用です。いびきの他に症状がある場合も
甲状腺の機能が正常になることで、段々となくなっていきます。家族や周りの人に
いびきを指摘された人は気になると思いますが、気にしすぎもよくありません 。

 

 

橋本病の症状が軽くなってくるまで、可能なら寝室を別にするとか、
気にせずゆっくり眠れる環境を整えましょう。私の経験上ですが、
甲状腺の腫れが引くと、いびきは軽くなっていくと思います。

 

 

鼻腔拡張テープを寝るときに使い、鼻の呼吸をスムーズにする方法も
試す価値があるかもしれません。ただ、これは橋本病によるいびきの根本的な
治療にはなりませんので、あくまでも補助的なものとしての使用ですが。

 

 

日中の眠気が尋常じゃない場合は、日常生活に支障をきたしたり
橋本病以外の健康を害する恐れもあります。これらが気になる人は
早めに医師の診察を受けてくださいね。


橋本病や甲状腺機能低下が起こる真実と治し方を知りたくないですか?

もう一度健康な体を取り戻したい人は、こちらをご覧下さい!


Sponsored Links

ホーム RSS購読 サイトマップ