橋本病 抜け毛

橋本病で抜け毛が酷くなるのはなぜ?

橋本病や甲状腺機能低下が起こる真実と治し方を知りたくないですか?

もう一度健康な体を取り戻したい人は、こちらをご覧下さい!

橋本病で抜け毛が酷くなるのはなぜ?

 

橋本病をお持ちの方で、抜け毛の悩みを抱えている人は、かなり多いです。
正しくは、橋本病であり、かつ甲状腺ホルモンの数値が少なくなっている時に
抜け毛の症状がでてくると思います。

 

 

 

橋本病でも、甲状腺機能低下症になっておらず、自覚症状が無いような人は
抜け毛が気になることはほとんどないでしょう。

 

 

甲状腺ホルモンは、体の新陳代謝や自律神経をつかさどるもので、
健康で生き生きとした生活を送るためには、欠かせないものです。
肌や髪の毛の健康にも深く関わっています。

 

 

髪を作り出している毛母細胞は、甲状腺ホルモンによって活性化されているので、
これが少なくなると当然、髪の毛を作る力が弱 くなってきます。
しかも甲状腺ホルモンは、体全体に関わるため、優先順位が決まっているのです。

 

 

働きが悪くなると命に関わる臓器へ一番最初に回され、髪の毛や肌などには
最後に回ってきます。甲状腺ホルモンが足りなければ、髪の毛に来るまでに
使われてなくなってしまうのです。

 

 

この優先の順位は、体に元々備わっている機能なので、どうすることもできません。
橋本病の人の抜け毛の悩みを解消するには、足りない甲状腺ホルモンを補い、
髪の毛にまで十分行き渡るようにするしかないのです。

 

 

ですからチラージンの服用で、甲状腺ホルモンの数値が、健康な人と変わらない
くらいになれば、毛髪細胞も再び活性化され、抜け毛が徐々に改善されていきます。

 

 

チラ ージンは特効薬ではないので、その作用は緩やかで、即効でとはいかないと
思いますが、髪の毛を含む体全体の調子が上向きになってきます。

 

 

甲状腺機能低下症を伴う橋本病は、女性の患者さんが圧倒的に多いので、
抜け毛の悩みは本当に悲しくなりますね。髪は女の命と言いますが、
髪の毛が薄くなっていく恐怖は、味わったことが無いとわかりません。

 

 

でも、まずは健康な人と変わらない甲状腺のホルモン数値になることが、
抜け毛の予防にもつながりますので、医師の処方どおりチラージンを飲み
ストレスを溜めず、休養を取りながら待ちましょう。

 


スポンサードリンク



橋本病や甲状腺機能低下が起こる真実と治し方を知りたくないですか?

もう一度健康な体を取り戻したい人は、こちらをご覧下さい!

ホーム RSS購読 サイトマップ