橋本病 患者数

橋本病の患者数は日本にどれくらいいるの?

橋本病や甲状腺機能低下が起こる真実と治し方を知りたくないですか?

もう一度健康な体を取り戻したい人は、こちらをご覧下さい!

橋本病の患者数は日本にどれくらいいるの?

 

橋本病になると、この病気が珍しいのか、そうでもないのか気になりますよね。
特に外見からはわからない病気のため、なんだか自分だけが橋本病になったような
気さえします。

 

 

難病指定されているらしい・・・なんて聞くと、ものすごい特別な病気なのか、
なんて思ってしまいます。症状が無ければなお更、あえて人に話すこともしない
人もいます。でも、橋本病は患者数の多い、かなりメジャーな疾患です。

 

 

自分がかかっていても気づかなかったり、他の病気と間違えられて診断されている
人も多いので、正確な患者数はなかなか把握できないようですが、ある統計では
成人の10人に1人ぐらいの割合で、この病気があるとも言われています。

 

 

もしもあなたの勤めている会社が、社員数30人だとすると、その中の3人は
橋本病と言うことになります。こうなると、腰痛持ちなんですとか、頭痛持ち
なんですと同じくらいなのではないかと思ってしまいます。

 

 

また、ある 統計では人口10万人あたりおおよそ80人くらいの人が橋本病になる
と言う数字もあります。自覚症状が無く気づいていない人を入れると、
日本だけで10万人の患者がいるらしいです。

 

 

あくまで推定ですが、とにかく患者数の多い病気だと思って間違いありません。
特に女性の患者数は圧倒的で、10人中8〜9人は女性です。

 

 

ちなみによく橋本病と比較されるバセドウ病(甲状腺の機能が低下ではなく
反対の亢進状態になる病気)も、女性の患者数が圧倒的に多く、200〜300人に
一人の割合で起こる大変メジャーな疾患です。国民病と言う呼び名まであります。

 

 

こうしてみると甲状腺の病気は、私たちにとってかなり身近なものなんですね。
橋本病と診断されたときは、かなりびっくりするし 、いろいろな不安がよぎると
思いますが、同じような人が日本にはたくさんいるのです。

 

 

また、橋本病と診断されても、甲状腺機能低下症を伴うのは、そのうちの10分の1
と言われています。その10人のうちの1人になったとしても、ホルモン剤を補充
すれば、多くの人は普通の生活が送れるようになります。

 

 

自分の気持ちに落とし込むまでには、時間がかかるかもしれませんが、治療できる
病気ですし、風邪のように数日で改善する訳ではないので、定期的に血液検査を
受け、自分の体の状態を把握し、向き合っていくことが大切ですよ。


橋本病や甲状腺機能低下が起こる真実と治し方を知りたくないですか?

もう一度健康な体を取り戻したい人は、こちらをご覧下さい!


Sponsored Links

ホーム RSS購読 サイトマップ